投資状況2021年4月

こんにちは。銀太郎です。

 

銀太郎の現在の投資状況を説明します。

 

投資金額 845,000円

評価額 3,671,526円

 

前々回、会社の持株会に入って、月々3000円を投資していた話をしました。

これが会社を退職するまで、約15年間続けたことにより、60万程度の投資金となりました。

 

2021年1月時点で評価額は337万円でした。

15年で投資金は5〜6倍に膨らんだことになります。これは投資期間中の会社の成長と、ドルコスト平均法のおかげでしょう。

 

しかしながら、転職し、この株への投資をやめた現在では、このまま保有しておく事はリスクが高いと判断し、3分の1を売却することを決めました。

 

なぜ、3分の1にしたかというと、ひとまずNISA枠内での投資を行いたいと思ったからです。

NISAは売却時、売却益の20.315%の税金がかからなくなる制度で毎年120万円の枠が追加されます。

 

銀太郎は短期で大きなリターンを期待するより、長期投資でリスクを分散させたいと思っていました。

 

検討の結果、投資信託を選択することを決めました。投資信託は株とは異なり、少ない投資金額でも始められ、複数の株に投資することになるので

リスク分散もできる特性をもっているからです。

 

山ほどある投資信託の中から、国内と海外のインデックスファンドを半分ずつ購入しました。

 

インデックスファンドはTOPIXの指標などに連動して投資を行うファンドで手数料も比較的安い傾向にあり、購入時や売却時に手数料がかからないものが多いです。

 

銀太郎は長期投資を意識しているため、運用コストを最小限に抑えたいと思っていました。

 

銀太郎が選択したファンドは

①i Free TOPIXインデックス 0.154%

②i Free 海外株式インデックス 0.209%

の二つです。購入時、売却時の手数料はかかりません。

 

2021年2月に購入しましたが現在の評価損益は

①+31,922円

②+31,458円

となっており、2ヶ月の保有でリターンは約7%です。

 

今後は長期的に追加投資と保有を考えています。